携帯と合わせて便利なドコモ

NTTドコモがいわゆるLTEと呼ばれるデータ通信の速度がアップできる新技術を使ったモバイルWi-Fiを売り出しています。通信速度がLTEのエリア内であれば、最大150Mbpsという速度で通信できます。今までの3G規格のデータ通信回線では、最大14Mbpsとおよそ10倍以上の速度で利用できるようになってきました。

元々、ドコモは全国的に使えることや対応するサービスを増やしてきたこともあり、携帯電話では多くのシェアを占めてきました。今ドコモの携帯電話とドコモのモバイルWi-Fiをはじめとするデータ通信機器とを合わせて契約することで、より安く利用できる割引があるとご存知でしたでしょうか?

2年間の契約を前提とする「Xiデータプラン フラット にねん」という毎月の基本料金が5980円コースと、契約期間が関係なく契約できる「Xiデータプラン フラット」という毎月の基本料金が7455円という二つのデータ通信プランがあります。
これらのサービスは、データ通信量が7Gバイト以上使うと、速度規制がかかりますが、別途追加料金を支払うことで、速度規制を解除できるサービスもあります。
「プラスXi割」というデータ通信回線の料金が安くなるサービスを申し込むことで、プラスXi割では、「Xiデータプラン フラット にねん」では毎月3980円の料金になり、プラスXi割を適用しない場合で2000円も差が出ます。後者では、5450円と2000円も安く使えます。

ドコモはデータ通信だけの利用にしたいという方にもおすすめできるポイントがあります。それは、2年の契約で割安に使える「Xiデータプラン ライト にねん」と、契約期間に制限のない「Xiデータプラン ライト」でも、「ライト割」という割引があり、この割引を使うと毎月約1000円安くなります。

使える場所が広い上に、自分のライフスタイルにあったサービスを利用できます。データ通信回線も安定しているので、Wi-Fiルーターをはじめとするデータ通信を安定して使いたい人は、NTTドコモのデータ通信回線も視野に入れてみてはいかかでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です